【2023年度最新】OBSのバックアップを取ろう!配信設定の「プロファイル」を他のパソコンに出力する方法【OBS Studio初心者向け講座】

皆さんこんにちは、ひとみマンです。

本日は、「OBSの配信設定をファイルとして出力し、他のパソコンで使用する」というバックアップ的な考え方について紹介していきたいと思います。

OBS Studioで設定したビットレートや配信先の設定、また解像度やFPSなどの設定は、実はファイルとして保存することができます。

PCを新しくしたりした際に、そのファイルを読み込むだけで、元の設定を引き継ぐことができるようになるので、すごく便利な機能なんですよ。

本日紹介している内容は、以下の動画でも説明しておりますので良ければ参考にしてみてください。

【2023年最新】10秒で取れるOBSのバックアップ項目とその方法を紹介します【初心者向けOBS使い方講座】

1. OBS Studioにおける「プロファイル」とは

「プロファイル」について、聞きなれない言葉かもしれないので少し説明させていただきます。

OBSのツールバーに存在する「プロファイル」とは、特定の配信や録画の設定を保存する機能のことです。

これにより、異なるシーンや用途に応じて、設定をすぐに切り替えることができます。

たとえば、「高品質録画」や「低帯域配信」など、異なる設定を持つプロファイルを作成し、使用することができます。

これによって、例えば縦画面と横画面を切り替えたり、YouTubeとTwitchの配信設定を切り替えたりなど、様々な配信設定をワンクリックで保存できるようになります。

2. プロファイルの出力方法

自分のOBSで設定している様々な配信設定、数字設定をファイルとして保存する方法を説明します。

  1. OBSを開く: まずOBSソフトウェアを立ち上げます。
  2. 「プロファイル」メニューへ: 上部のメニューバーから「プロファイル」を選択します。
  3. 「エクスポート」をクリック: ドロップダウンメニューから「エクスポート」を選択します。
  4. 保存先を選択: 保存したい場所を選択し、プロファイルを出力します。

プロファイルは、「json」という形式で出力されます。

3. 他のパソコンへのインポート方法

出力したプロファイルは、他のパソコンへインポートすることができます。

  1. 出力したプロファイルを転送: USBメモリやクラウドストレージを使って、出力したプロファイルを新しいパソコンに転送します。LINEやGmailの添付でも大丈夫です。
  2. 新しいパソコンでOBSを開く: OBSを開いたら、「プロファイル」メニューに進みます。
  3. 「インポート」をクリック: ドロップダウンメニューから「インポート」を選び、先ほど転送したプロファイルを選択します。

OBSがプロファイルを読み込み、新しいパソコンでも同じ設定で配信や録画を開始することができます。

まとめ

OBSのプロファイル機能は、設定の保存や切り替えを容易にする非常に便利な機能です。

異なるパソコン間での作業をスムーズに進めるためにも、このエクスポート・インポート機能を活用しましょう。

おすすめの配信設定、特にYouTubeへの配信設定などは、以下の記事で説明しておりますので良ければ参考にしてみてください。

【2024年最新/初心者向け】OBSからYouTubeへの配信方法や最適な設定は?

無料のライブ配信・録画ソフトとして知られている「OBS Studio」。 今回は、OBSから「YouTube」へ配信したい場合の接続方法、設定方法について紹介していきます。 なお、…

最後までお読みいただき、ありがとうございました。