【2023年度最新】無料で優秀!OBS配信のマイクに「イコライザー」を付けられるプラグイン「TDR Nova」の使い方!【OBS初心者向け使い方講座】

皆さんこんにちは、ひとみマンです。

今回は、OBS配信でイコライザーを付けることができるプラグインについて紹介していきたいと思います。

なお、本日紹介している内容は、以下の動画でも紹介しておりますので良ければ参考にして見てください。

【2023年度最新】無料で使える高品質イコライザー!OBS配信におすすめ!「TDR Nova」の使い方【OBS初心者向け使い方講座】

TDR Novaのダウンロード方法

プラグインは、以下のURLからダウンロードすることができます。

<TDR Nova>

TDR Nova | Tokyo Dawn Records

A dynamic equalizer in parallel configuration. Precise tone control paired with powerful dynamics processing.

画面右下の「Free Download」の部分からダウンロードすることができます。

自分の OSにあったバージョンをダウンロードしましょう。

TDR Novaの使い方

OBSを起動し、音声ミキサー部分からフィルタを適応したい音声ソースの「・・・」をクリックします。

「フィルタ」から「VSTプラグイン」を選択します。

VSTプラグインのプルダウンから「TDR Nova」を選択します。

「プラグインインターフェースを開く」をクリックします。

プラグインインターフェースを開いた直後は、右上のボタンが「OFF」になっているので、「IN」に変更することで自分のマイクの波形を確認することができます。

最初は平坦ですが、概ね以下の形になるように調整します。

「高音と低音をそれぞれ聴きやすくする」イメージです。

この際、左下の「HP」「LP」ボタンを押すことで、「高すぎる音や低すぎる音をカット」することができます。

ここに関しては、声質によって微調整が必要です。

例えば、声が低い人や声が高い人では「大きく聞こえる高さ」が異なりますので、調節してモニタリングを行うことが必要です。

このようにして、OBSにイコライザーを導入することが可能になります。

まとめ

以上、OBSでノイズ抑制ができる「TDR Nova」の使い方について紹介させていただきました。

当サイトでは、他にもOBSの使い方に関する様々な記事を紹介しております。

音声に関するマスター記事もありますので、こちらもぜひ参考にして見てください。

【2024年度完全版】OBSの「音声」これ1本でマスター!基本設定からトラブル対応まで一挙確認!【OBS初心者向け使い方講座】

皆さんこんにちは、ひとみマンです。 OBSは非常に便利なツールですが、「音声」に関する相談やトラブルは後を絶たず、OBSで苦戦する人のほとんどがこの音声で苦しんでいる…

最後までお読みいただき、ありがとうございました。