【2024年度最新】OBS配信で適切なビットレートを自動計算してくれる「Bitrate Calculator」ツールの紹介【OBS初心者向け使い方講座】

皆さんこんにちは、ひとみマンです。

配信者を悩ませる「OBSのビットレート設定」。

どのくらいの数字なら良いのか、は個人の環境により異なり、なかなか一概に「この数値が良いです!」と一律の数字を案内する事が難しいという問題があります。

今回は、そんなビットレートの適切値を自動計算してくれる便利ツール「Bitrate Calculator」をご紹介します。

それでは早速Bitrate Calculatorについて見ていきましょう。

Bitrate Calculatorの使用方法

まずは以下のURLにアクセスしましょう。

URLにアクセスすると、以下のように数字を入力する部分が出てきます。

Your Upload Speed(Mbps):アップロード速度を入力します。

アップロード速度は、以下のサイトにアクセスすると計測する事ができます。

<Fast.com>

インターネット回線の速度テスト | Fast.com

ダウンロードスピードはどのくらいですか? FAST.comはお客様のISPスピードを数秒で測定いたします。

右下の「アップロード」に記載されている数字を入力しましょう。

Percent of Upload for Stream:他にもアップロード速度を使用するソフトが起動している(オンラインゲームなど)ことを考慮して、アップロード速度のどのくらいの割合をライブ配信に充足するかを指定します。「30~40%」くらいを指定していれば余裕のある数値になるでしょう。

Output Stream Resolution Width:出力解像度の横幅を指定します。「1920×1080」で配信したい場合は、「1920」が入力値になります。

Output Stream Resolution Height:出力解像度の縦幅を指定します。「1920×1080」で配信したい場合は、「1020」が入力値になります。

Output Frames Per Second(FPS):FPSの値を入力します。

これらの値を入力すると、下部に「Recommended Bitrate」「Streams Max Bitrate」が算出されます。

「Recommended Bitrate」の範囲内でビットレートを設定するようにしましょう

このようにして、ビットレートの判断に迷った場合に自動計算を行う事ができます。

まとめ

以上、OBSでライブ配信する際、通信速度に合わせて適切なビットレートを算出してくれる「Bitrate Calculator」について紹介させていただきました。

当サイトでは、他にもOBSの使い方に関する様々な記事を公開しております。

ちなみに音声ビットレートは初期設定から変更した方がベターです。こちらの記事も参考にしてみてください。

【2023年度最新】OBSで音声ビットレートは160ではダメ?128にしないと危険かも!【OBS初心者向け使い方講座】

皆さんこんにちは、ひとみマンです。 今回は、音声ビットレートに関する説明を初心者向けに詳しく丁寧に解説します。 「ビットレート」と言う言葉は何となく聞いたことが…

最後までお読みいただき、ありがとうございました。